• 万葉文化館について
  • 館内案内
  • 展覧会
  • イベント
  • 講座
  • その他
  • ご利用案内
  • 交通アクセス

スケジュール

緑色 …展覧会開催日
赤色 …休館日(closed day)
□ 枠(日付に下線) …イベント開催日

2021年12月
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 16 17 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

年間スケジュール

展覧会・イベント・講座詳細

展覧会学芸員のコラム No.2

令和3年11月13日~

お酒づくしの展覧会 ―開館20周年記念特別展「うま酒の国 大和」開催中!―②


お酒を楽しむさまざまな道具

 一般に酒がたしなまれるようになった江戸時代以降、お酒をより楽しむためのさまざまな道具が生み出されました。展示中の「すき焼き台」(奈良県立民俗博物館蔵)は、ちゃぶ台の中央部分に炉を備えたもので、その周囲には水を溜めておける構造になっており、炉に火が入ると水も温められ酒を燗することができる仕組みで、鍋をつつきながら酒を楽しめるようになっています。
他にも、花見などの屋外で使われた酒筒つきのお弁当箱や、蒔絵が施された重箱なども展示しています。



近代におけるお酒の広告用ポスター

 実在の人物の写真を使用した国内初のヌードポスターとして名高い「赤玉ポートワインポスター」
みなさんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
他にも明治から昭和にかけてのお酒の広告用ポスター13点をずらりと展示したコーナーは、展示室内で最も華やかになりました。
北野恒富や伊藤深水の原画をもとにした作品も展示しています。華やかな絵の中によく見るとさりげなく描きこまれた宣伝要素。
実はさまざまに趣向を凝らして描かれた広告用ポスターの美と工夫に注目して楽しんでいただければと思います。


お酒が大好きという方も、ほとんど飲まないという方も楽しんでいただける展覧会「うま酒の国 大和」は11月23日(火・祝)まで開催しておりますので、ぜひご観覧ください。


特別展「うま酒の国 大和」詳しくはこちら

写真1 展覧会看板(当館エントランス)

写真2 展示風景

ページトップへ